ジム・ジャームッシュ監督の新作「デッド・ドント・ダイ」

映画

何故だか癒されてしまう不思議な魅力をもつ作品の巨匠ジム・ジャームッシュ監督の最新作「デッド・ドント・ダイ」が公開されました。

4月公開予定から新型コロナウイルスの影響により公開延期となりようやくお披露目です。

今回の作品は、ゾンビコメディ!

いつも他愛もない住人のトラブㇲしか起きない平和な町で、突如ゾンビが現れ思わぬ事態が起こります。

ジム・ジャームッシュ作品の常連ビル・マーレイやアダム・ドライバーを主演とした豪華キャストです。

最新作「デッド・ドント・ダイ」を見に行く前にジム・ジャームッシュ作品の魅力と今までの作品を知っておくことで、今回の最新作もきっと楽しむことができると思いますよ。

■ジム・ジャームッシュ作品の魅力とは?

ジム・ジャームッシュの作品は、個性的な作品が多い。
映画ではストーリーがあってその中にアクションやドラマ、強盗や喧嘩など映画の中には何かしらの物語があります。しかし、ジム・ジャームッシュの作品にはなにもありません。

「コーヒー&シガレット」では、コーヒーショップで一つのテーブルに座る二人の客とウェイターだけが登場し本当に他愛もない会話を交わすだけ。その会話のセンスが思わず微笑んでしまいます。始めはなにがなんだかよくわかりませんが、その言葉や行き違いやギャグを聞いているといつの間にか映像の中に引き込まれてしまいます。
私たちの日常の暮らす中にもほんの些細な出来事がドラマにもなるということを教えてくれるような作品です。

ジム・ジャームッシュの作品が「癒し」と言われる理由は、もう一つあります。それが「旅」。
「旅」をテーマに完全に完結しないストーリーで、終わりのない旅を希望の明日へと感じさせてくれるものばかりです。
日常の何気ないドラマがいつしか明日への希望を生み出す、まるで日常が映画みたいだなって思うことがある感覚をうまく表現しているところに魅力があると思います。

■ジム・ジャームッシュの作品

ナイト・オン・ザ・プラネット
ユーモアのあるれる作品で笑いの後にジーンとくる作品

コーヒー&シガレッツ
コーヒーとタバコと会話を楽しみ、人生を楽しむことができる。リラックスしたいときにおすすめの作品

ブロークン・フラワーズ
ダメダメおやじが、昔付き合っていた女性との間にできた子供を探しに付き合っていた彼女を訪ねて回る旅にでる作品。

■まとめ
ジム・ジャームッシュ作品の魅力が少しわかっていただけたでしょうか?最新作の映画「デッド・ドント・ダイ」もきっとジム・ジャームッシュの魅力のつまった作品だと思います。一重にストーリーを楽しむために映画を観ようとするとガッカリしてしまうかもしれません。
私たちになにを伝えたいのかを意識して作品を見ることできっとジム・ジャームッシュ作品を楽しむことができると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました